外国語翻訳の上達のコツは数をこなす!

「外国語の翻訳は習うよりも慣れろ」だと思っています。私に関して言えば、英語の翻訳なのですけれど、「どこをどうこうしてこのようにして翻訳するか」といったテクニック的なことよりも、とにかく数をこなしていくことだと思っていますから。

英語文章の翻訳に関して言えば、「自宅で鍛える」といったような感覚でしょうか。学校で英語翻訳についてレクチャーを受けるよりも、自宅でひたすら英語翻訳をしている方がよっぽど能力が伸びるように思いますからね。

とは言っても、ある程度の基礎は必要だと思いますよ。英語力が中学校卒業レベルもないのにも関わらず、「私、海外旅行では英会話に困ったことがないしいける!」と、翻訳の世界に飛び込んでみると面食らうことも多いですからね。

とくに文章の翻訳ともなりますと、ニュアンスまでもを正確に伝えられるように、日本語文だって駆使する必要がありますからね。ですからこそ、外国語の翻訳文は会話レベルの語学力だと厳しいと感じるのです。そしてだからこそ「数をこなす」ことも重要なのです。たくさん訳して切磋琢磨することで磨かれていくという感じでしょうか。